どれくらいの頻度で、どれくらいの期間通わなきゃならないの?

 

 頻度ですが、基本は「週に1回」です。

 

 期間ですが、ご本人の状態と目的、用いられる方法論によります。

 

 数回の来談で終結に至る方もいらっしゃれば、数年間、来談される方もいらっしゃいます。

 

 精神分析的心理療法の場合、週に1度という来談頻度は厳守、終結までに数年を要することがほとんどとなります。

 

 認知行動療法の場合、パニック障害など、ターゲットを1つに絞った上で行われ、おおよそ10~15回程度で終結となります。

 

 しかし、来談者自身がホームワーク/アクションプランを行わなかったり(認知行動療法では普段の生活の中での行動実験等が課せられます)、パニック障害以外のものも持っておられたりする場合、長い時間を要す事があります。

 

 また、「性格を変えたい」等、扱いたいテーマは大きいものの、2週に1度や、月に1度の頻度で行いたい、という場合、効果を出すのは非常に難しいと言えます。

 

 これは、進学塾を想像すると分かりやすいと思います。

(塾と心理療法/カウンセリングでは、大いに異なりますので、良い例とは言えないでしょうが)

 

 2週に1度や、月に1度という頻度で塾通いをしたとして、志望校に合格出来るかといえば、おそらく非常に難しいでしょう。

 

 そして、受験と性格を変える事、どちらが一層難しいかといえば、性格を変えることの方がずっと難しいのではないかと思います。

 

 必要とされる頻度には、それなりの理由があるということです。

 

 なお、期間を限定した心理療法/カウンセリングをお望みの場合、初回にお伝えください。その回数内にて行える内容をご提供します。

 

Phone

090-3570-5930

 

mail

メモ: * は入力必須項目です