臨床心理士って何?

 

 日本の心理系資格の最難関であると同時に、事実上、心理療法を行う者ならば最低限保有すべき資格となっています。

 

 病院心理職やスクールカウンセラーに就くにも臨床心理士資格保有が最低条件になっていることがほとんどであり、最も信頼と実績のある資格と言えます。

 

 その定義をごく簡略に表すと、「臨床心理士とは、心と心理療法を専門とし、クライアントが持つ苦痛や苦悩の軽快や、心理的成長に役立つよう努める専門職」であり、その職責を果たす為、資格取得後も修練を続ける者と言えます。

 

 この為、臨床心理士資格取得には、指定大学院修士課程修了とその後の試験合格が課せられており、資格取得後の永続的な研修も義務付けられています。 

 

 日本では、臨床心理学と一口に言っても、理論にも療法にも、精神分析的心理療法/認知行動療法/来談者中心療法など様々に種類があります。英国では認知行動療法を行う者を臨床心理士と呼びますが、日本の場合、それぞれの臨床家によって用いる理論が異なります。