電話相談 メール相談

 電話相談やメール相談のご要望をお受けすることがありますが、当方では基本的には行っていません。

 

 出来るだけご要望にはお応えしたいのですが、電話相談ですと、お互いに顔が見えず、その場その時の状態(表情や会話の間合いなどの非言語的コミュニケーション)が分からないというデメリットがあります。これが臨床上、少なからず問題となります。

 

 メール相談ですと、電話相談のデメリットに加え、文章のやり取りですから「行間を読む」等も発生し、大きな誤解を生む可能性があります(例えば、辛い気持ちだと文章をネガティブに読み解く傾向が強まるなど)。

 

 また、面談による支援は、数多くの研究で効果が実証されていますが、電話やメールによる支援の効果研究は限られるのが現状です。

 

 こういった事情があり、電話やメールによる支援は採用を見合わせています。ご理解いただけると幸いです。

 

 なお、「やっと見つけたのに。他に臨床心理士が居る所など知らない」「事情は分かった。それでも良いからとにかく相談したい」といった方は、ご一報ください。

 

 お住まい近隣に臨床心理士が居る施設がないか、今一度調べる(調べ方をお知らせする)ことを含め、可能な協力をいたします。